ヘルパーステーション奏 通信 第10号

 | 

ヘルパーステーション奏 通信 第10号

新年あけましておめでとうございます。昨年末は落ち着いていた新型コロナウイルス感染者数が、年明けに急増し、お隣の広島県ではまん延防止等重点措置が発令されている状況となりました。
今年1年、大きな事故等無く、無事平穏に過ごせたらと思っていますが、再びコロナ対策に翻弄される年となるのでしょうか。

第10回目の情報発信をさせていただきます。

今回は2点。
①「Zoom」について
②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

①「Zoom」について

新型コロナウイルス感染症が確認された後、一気に世の中が変わりましたね。特にそう感じるのは、会議や研修です。
今までは、会議や研修と言えば、どこかの会議室や会場に人が集まって開催されることが当たり前でしたが、コロナ禍では、Web会議が当たり前になってきました。
業務で関わる中でも、「Zoom」と呼ばれるWeb会議システムの利用が多くなっています。
最初は、自分の顔が、ずっと画面に映っていて、緊張して慣れずにいましたが、回数を重ねるごとに、顔が映っていることにあまり気を取られなくなりました。
昨年の、緊急事態宣言が出ている期間は、家族様と施設で暮らしている高齢者との面会がオンラインになっているところもありました。
実の家族と簡単に会えないのは、何だか違和感を感じますが、更なる感染を防ぐために仕方がないと思うしかないのでしょうかね。
オンラインの技術は、どこまで進化するのでしょうか。高齢になっても使いこなせるシステムであって欲しいと思います。

②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

ヘルパーが対応できる介助内容には、多くの種類がありますが、いくつか取り上げて、そのケア方針を説明してみたいと思います。
今回は、「自立支援・重度化防止のための見守り的援助」です。
ヘルパーの具体的な支援内容として、あまり聞きなれない項目かもしれません。具体的な内容は、たくさんの種類があるのですが、ここでは「掃除」という項目に着目して、説明したいと思います。
お部屋の掃除の仕方を、大きく2種類に分けて考えてみます。
パターン1・・・寝たきりの利用者がベッドに横になっており、ヘルパーが掃除機をかける。
パターン2・・・利用者自らが掃除機をかけ、ヘルパーがそばについて、転倒しないように見守ったり、漏れが無いよう掃除機をかける範囲を教えたりする。
両パターンともに、「掃除」をしているのですが、利用者本人の関わり方は全然違います。
パターン2が、「自立支援・重度化防止のための見守り的援助」と区分される取組で、我が事業所でも、身体的に動ける方であれば、なるべくパターン2の関りを提案させていただき、本人の身体的能力が維持・改善できるような方向へと持って行くよう頑張っています。

本年も、よろしくお願いいたします。

ヘルパーステーション奏 通信 第9号

令和3年4月から始めたこの通信、月1回のペースで発信し、いよいよ今年最後の回となりました。
来年も定期的に発信したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

第9回目の情報発信をさせていただきます。

今回は2点。
①訪問介護事業所のICT化
②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

①訪問介護事業所のICT化

ヘルパーステーション奏も、ついに、ICT化の波に乗りました。
12月~新しいシステムを導入し、今までの紙の資料中心から、デジタル化へと移っていきます。
ご利用者の皆様への変化点としては、今までの紙の記録書(訪問介護記録書)が無くなり、訪問時の記録はこのシステムに入力する形へと変化いたします。
また、記録は携帯端末を利用しますので、訪問したヘルパーが、訪問時間中に携帯を利用する場面が出てきます。しかし、これは、記録を入力するためですので、見慣れない光景かとは思いますが、ご理解ください。

②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

ヘルパーが対応できる介助内容には、多くの種類がありますが、いくつか取り上げて、そのケア方針を説明してみたいと思います。
今回は、「服薬介助」です。
ヘルパーが関わる利用者は、基本的には何らかの薬を服用していらっしゃいます。ヘルパーのする「服薬介助」は、薬を「飲ませる」というよりも、利用者が自分で薬を服用するのを支援するという目線で関わることが必要と思います。
医師より処方された薬を処方通りに服用するのは当たり前だと思いますが、中には服用を拒む方もおられます。
服用を拒む方に、ヘルパーが何とか飲ませようと頑張れば頑張るほど、利用者とヘルパーの対決が始まってしまい、お互いにストレスになってしまう事もあります。
そんな時、ヘルパーは、飲ませようとすることだけに頑張るのではなく、なぜ飲まないのか理由を聞き、それを医師や薬剤師に伝えると、意外と解決法がすぐに出て来ることもあります。
また、薬を飲んだことで身体に変化が出てないか、副作用は出てないか等観察することも重要です。
服薬介助は、ただ飲ませて終わりではなく、とっても奥が深いと感じます。

令和3年、今年1年間、ありがとうございました。
毎日の業務で起こる、いろいろな出来事が、訪問介護職として成長させていただける要素になっております。
良いお年をお迎えください。

ヘルパーステーション奏 通信 第8号

第8回目の情報発信をさせていただきます。

今回は2点。
①「高齢者住宅新聞」記事掲載
②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

①「高齢者住宅新聞」記事掲載

高齢者住宅新聞に、ヘルパーステーション奏の記事が掲載されました。
カーサクラ益野の1F事務室前に、記事を飾っています。
興味ある方は、是非、ご覧ください。
今回は、岡山市の訪問介護インセンティブ事業に参加し、2年連続で上位表彰されたことに対し、取材を受けました。
この事業に参加するにあたり、苦労したことや、目指している事等を答えています。

②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

ヘルパーが対応できる介助内容には、多くの種類がありますが、いくつか取り上げて、そのケア方針を説明してみたいと思います。
今回は、「移動・移乗介助」です。
「移動する」・・・我々の生活には欠かせない行為です。ご飯を食べるためにテーブルに行く、排泄のためにトイレに行く、お風呂に入るために浴室に行く等々。
何をするにも、それをする場所までの移動が伴います。しかし、足が不自由になって歩けなくなると、移動が難しくなります。車いすを使えたとしても、車いすからイスやベッドへの移乗も必要になります。
自分1人では、移動・移乗動作が難しくなった時に、他の人の介助が必要となってきます。
移動・移乗介助をする時に、それぞれの介助技術はもちろんの事、それ以外にもポイントと考えていることがあります。それは、介助する側と介助される側の意識を合わせる事です。
例えば、ベッド→車いすへの移乗介助について、ヘルパーが車いすへ移そうと思って介助しても、本人に移る気が無いと、意識が合わずとても重たく感じてしまいます。
しかし、多少足に不自由があっても、本人が「車いすに移ろう」という意識があれば、ヘルパーの「移そう」という意識と合って、意外に介助量が軽くなると思います。
介助技術ももちろんですが、このような相手と意識を合わせる工夫もできると、少しでも楽な介護になり、腰痛等に悩む介護職が減るのではないかと思ったりもしています。

ヘルパーステーション奏 通信 第7号

新型コロナウイルス宣言や措置が、全国で解除されてましたね。しかし、油断はできません。
第6波も懸念されており、まだしばらくは、感染対策が必要になります。

第7回目の情報発信をさせていただきます。

今回は2点。
①「敬老の日」
②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

①「敬老の日」

9/20「敬老の日」でした。
新聞記事によれば、全国の100歳以上の方が、8万6千人を超えたとのこと。
ヘルパーステーション奏の利用者様の中にも、100歳を超えた方が1名おられます。
65歳以上の方は、全国で3640万人、日本の総人口の29.1%を占めるとのこと。そして、その65歳以上の方のうち、4人に1人が働いているそうです。
また29.1%という数字は、世界の中でも突出しているとのことでした。
このまま少子化傾向が続けば、20年後、30年後も高齢者の数は増え続け、働く人数は減少し、介護が必要になって支援を頼んでも、自宅に来てくれるヘルパーさんがいなくなってしまうのではないかと、とても心配しております。
健康寿命をできる限り長く保ち、自分の身の回りの事を自分で解決できる状況を保つために、元気なうちに何をすべきか、
世の中にはいろいろなヒントがありますが、今の自分の環境に対し、何が合うのか、とても考えさせる難しい問題と感じています。

②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

ヘルパーが対応できる介助内容には、多くの種類がありますが、いくつか取り上げて、そのケア方針を説明してみたいと思います。
今回は、「更衣介助」
なぜ、人は「更衣」をするのでしょうか。
朝起きて、いつまで寝間着でいるでしょうか?仕事等の用事で出かけるのをきっかけに、日常着に着替えないでしょうか?
人が他者と関わる時、時と場所を考えて自分らしい身だしなみを整えようとします。人に不快感を与えないようにしたいという気持ちだったり、会う人に良い印象を持ってもらいたいということを考えての結果でしょう。
高齢になり、全く着替えなくなる人がいますが、そういう方にも、自分らしい服を自分で選んで、しっかり自己表現をしてもらいたいです。
着替えない理由も、人それぞれでしょう。考えることが難しくなり、着替えない人。身体が思うように動かなくなってきて、着替えることが面倒になってしまっている方等々。
その理由を考えて、どのような支援方法が、本人に意思をしっかり取り込んだ着替えとなるか、考えながら介助したいと思っています。
着替える動作ができない人は、せめて服を選んでもらう。多少変でもいい、自分で選んだ服を着るということが、満足感につながる。そのように思って、コミュニケーションを取りながら、着替えの援助をしていけたらなと考えています。

ヘルパーステーション奏 通信 第6号

新型コロナウイルスに関しては、まだまだ終息には程遠く、9月10日現在、岡山県内には緊急事態宣言が発令中です。最大限の警戒態勢で感染防止に努めているところです。
第6回目の情報発信をさせていただきます。

今回は2点。
①「LIFE」とは
②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

①「LIFE」

令和3年度から、介護の世界において「LIFE」の活用が始まりました。LIFEとは、「科学的介護情報システム」の英語表記の略称です。
これは何かというと、”科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的”にしているシステムです。
まだ始まったばかりのもので、詳細を理解するまでにはいたっていませんが、イメージとしては、要介護者の、基本情報(年齢や要介護度等)や、提供した支援内容、その後の利用者の状態等のデータを各事業所に提出させるものと感じられます。
集めたデータを解析し、今後は、新しい利用者の現時点での基本情報を入力すると、過去のデータから解析し、自立に向けた支援のための最適なプランが自動で提案されるのではないかと思います。
介護保険で提供する支援内容を、科学的根拠を持った項目で決めていく事なのかと思います。
説明資料には、「単に高齢者の身の回りの世話をするというだけではなく、高齢者の尊厳を保持し、自立した日常生活を支援することを理念としている」と記載してありました。
我々ヘルパーは、洗濯や掃除、排泄介助や入浴介助だけをする存在ではない、その支援を通して、いかに高齢者が自分の希望に近い生活を送れるかを一緒に考える事のできる存在でありたいと感じています。

②ヘルパーが対応している具体的サービスについて

ヘルパーが対応できる介助内容には、多くの種類がありますが、いくつか取り上げて、そのケア方針を説明してみたいと思います。
今回は、「入浴介助」
なぜ、人間は「入浴」するのでしょうか。
「身体の汚れを落としたい」「リラックスしたい」「疲れを取って、ぐっすり眠りたい」等、いろいろな目的があると思います。
高齢者の方の中には、入浴を嫌う人もいます。その理由もいろいろでしょう。「疲れるから」「汗をかかないから」「入らなくたって死にはしない」「人に裸を見られるのが嫌」等。
我々ヘルパーは、それぞれの利用者様が置かれている立場を考慮しながら、何を目的に、どのような入浴方法で支援するのか考えなければいけません。
入浴を介助するということは、身体のすみずみまでキレイに洗って、体調を考え5分間程度湯に浸かって、身体の水分を拭き取って着替えさせることではないと思います。
ヘルパーが、本人の意志を無視して、風呂の入り方を勝手に決めて、利用者が風呂を嫌いになってしまっては、気持ちいい入浴が継続しません。
人に洗って欲しくないと思っている方には、たとえ洗い残しがあっても、「自分で入った」という満足感を味わってもらい、なるべく1人の力だけで入浴を楽しんでもらうようにしています。
しかし、高齢者の入浴というのは、脱衣室と浴室の温度差による心臓発作や、湯に浸かっている時に意識を失ったりする可能性もあり、死に直結するような事故も想定されることを常に気にかけて、緊張感をもって支援しなければなりません。
利用者の方が、「風呂に入って良かった」と笑顔で言ってもらえると、ヘルパーもお互いに気分が良くなります。毎回、そのような支援となるよう目指しています。